2019/7/24

『次期英首相最有力のジョンソン氏、薫製ニシンでEU批判もあっさり返り討ち』 https://www.afpbb.com/articles/-/3235933

これぞまさにred herringだ……と思ったら、フィナンシャルタイムズもやっぱりそう書いてた。> "Boris Johnson’s kipper claim is red herring, says EU"

https://www.ft.com/content/1ba5b9c4-a954-11e9-b6ee-3cdf3174eb89

 

はてなブログWYSIWYGな編集画面やばい。別のウェブページからコピー&ペーストしてきたらフォントの大きさや色まで持って来やがる。おまえはMicrosoft Wordかよ。

 

『自覚症状があり自ら医療機関を受診してがんと分かった例や、就職先の健康診断で見つかった例があったという』

会社の健康診断で甲状腺の超音波エコーを実施したりはしないと思うので、問診時に見て分かるくらいの大きさになっていたということなのかしら……

https://this.kiji.is/526605649401578593

 

ツイッター代わりのやつ(あとで消します)

私が書いてるのは「私はHPVワクチンの被害者のことを問題にしている。そのせいで反ワクチンの勢力が増えようが知ったことではない」なので、NATROMせんせいも「私は検診の害について問題にしている。それを主張することで有症状者が受診を躊躇おうが知ったことではない」と書けばいいだけなのでは。
https://b.hatena.ne.jp/entry/s/twitter.com/flurry/status/1148848391318724609

 

個々の患者にとっての利益と住民全体の利益は異なるとか、正義や公正の問題と「利益」もまた異なるとか、なんかそういうさー。もっと真面目にやってよねー。

 

すげえ。目からビームが出ている。おれの。

https://twitter.com/nnago/status/1148606846388834305

(お知らせ)ツイッターのアカウントにつきまして

現在アカウントがロックされておりまして問い合わせ中です。通報によるアカウント凍結とかではないですが、他の要素(たとえば反ワクチンだと読めるツイートをしたとか)との合わせ技という可能性は……その、どうなんでしょう……

たぶん最速で2日後くらいに戻ってくると思いますので、皆さまもお気になさらず。

(7/22追記)ぜんぜん戻ってきてませんねハイ。まあそのうちにということで、気長にお待ちください。

(7/23追記)アカウントロックについて何人かのかたに話題にしていただいているのだけど、皆さまこのページにはたどり着いておられないようだ。悲しい。

(7/23追記)いまのところツイッター休暇を大いに満喫している感じです。アーティストの最新情報の確認とかをツイッターに依存してたので困るとかはありますが。

(7/23追記)『通報によるアカウント凍結とかではない』と明記してるんですが、ちゃんと読まれているのか不安になってきました。

(7/25追記)復帰しましたハイ。

『避難リスクは被曝リスクの何倍?』の比較は不適切です。

 id:tikani_nemuru_M氏の以下のエントリーですが、出どころ不明のデータを用いて不適切な比較を行っていると考えます。

『避難リスクは被曝リスクの何倍?』
http://d.hatena.ne.jp/tikani_nemuru_M/20110901/1314817487

1: 出どころ不明のデータ

 山下俊一氏がインタビューで述べたらしい「チェルノブイリでは避難住民の寿命が65歳から58歳に低下しました」という数字が正当かどうかですが、

>海外の専門家の目にもさらされる外国雑誌のインタビューだしにゃ

 そんなことを信頼性の根拠にされても困ります。具体的な数字の出どころを示してもらわないと。*1
……冒頭に結論を言ってしまいましたし、正直これだけで済ませたいのですが続けます。


2: 「避難住民の寿命が65歳から58歳に低下」について、もう少し

 何年から何年か、のデータかもわからない数字を元になにか言うのは辛いのですが、頑張って続けます。
 tikani_nemuru_M氏も大好きな疫学ですが、ある集団のなかでの数字だけ見るのではなく、他の集団と比較するのが大事であるようです。そこで、氏も以前のエントリーで挙げていたロシアの平均寿命推移を見てみましょう。

「図録▽ロシアの平均寿命の推移」( http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/8985.html )から引用

 男性の平均寿命が「65歳から58歳に」とまったく同じと言っていいぐらいに下がっています。解説によると、チェルノブイリ事故のあとに起こったソ連崩壊による影響を受けているようです。
……あれ、避難者もソ連崩壊による影響を受けてるから、平均寿命の低下が避難によるものかどうか見るのって難しくね?*2


3: 不適切な比較

 tikani_nemuru_M氏は移住による環境変化などに伴うストレスと、放射線被曝について比較(らしきもの)をしています。居住し続けることによってもストレスの影響は受けるのですから、明らかにこれは不適切です。
 たとえば、避難しようとした人間に対して「逃げるのか!」と罵声を浴びせるような環境に住み続けることは普通に考えて苦痛でしょう。また、それ以前に、農家・畜産家の現在のストレスはどれほどでしょうか。
 比較するならば「移住したときと、そうでないとき」それぞれについて、各種リスクを列挙して、総計や分散、不確実性などについて検討するべきだと思います。*3もちろん移住については、国や自治体、その他の支援者による支援の程度によっても、ずいぶん値が変わってくるでしょう。


(追記)
コメントがある場合ですが、可能であればコメント欄やはてなブックマークではなくご自身のはてなダイアリーでお願いできればと思います。>id:tikani_nemuru_Mさん。

*1:「65歳から58歳に低下」の65歳というのは、当時のウクライナの平均余命から5歳程度低いもので、どう考えたものか困っています。

*2:tikani_nemuru_M氏は「ソ連崩壊も大きな社会変動、環境の変化を伴ったものであるからして、むしろ自分の主張を補強するものだ」とか言いそうですが。避難という枠組みを外してどうするんですかというか、原発事故の影響を受けている福島のひとたちは、今まさに社会変動、環境の変化のまっただ中にいるだろう、としか。次節の「そもそも、なにとなにを比較しているの?」という話にも繋がります。

*3:なお、はてなブックマークで氏は「居住ストレスは以前に触れている」と書いていますが、そうであるならば当然、今回の比較時に検討項目に含めるべきだと考えます。それを怠っている理由がわかりません。

無限責任あるいは、コップに水が半分(も/しか)入って(いる/いない)

これもツイッターから転載。

 安全ですと言っておいて、なにかあったら突然「なんにだってリスクはある。100%の安全は存在しない」と切り替えるとゆー。 http://twitter.com/sasakitoshinao/status/50323831499407360

 いい機会だから、一部のアレなひとが言ってる「サヨク無限責任を押しつけてる!」みたいな話をしましょうか。リスク論に絡めて。基本的には先ほどの佐々木俊尚氏の言動に示されるような「安全です or 何にでもリスクがある」を都合良く切り換える、みたいな話です。

 さて。「無限とは数学的に言うと……」みたいな話に真正面から突っ込むつもりはありません。どっちかというと、しりとり的な「無限の限とは、限界のことで。つまり量というよりも、限界面、境界線の話じゃね?」ってことです。あ、結論言っちゃった。

「水がコップに半分しか入ってないと考えるか、それとも半分も入ってると考えるか」って話がありますよね。せっかく自分が「半分も入ってる」ってポジティブシンキングした瞬間に、他人から「あ、半分しか入ってない」って言われるとイラッときたり。

 逆のケースもありそうです。私の知人に「絶望からはじめよう。キミには絶望が足りない」が口癖のひとがいます。私が「いや、そうは言ってもこういう良いところも」と返してると、ある日「キミの話を聞いてると、なんだかしらないけど落ち込んでくるんだよ!」って言われました。えっ、っていう。

 ここではおそらく、コップに水がどれだけ入っているかというよりも、そのコップの水面、境界線を「どのように領有するか」そして、境界線から相手をどのように突っつくか、が問題にされているのではないでしょうか。あんまり厳密には考えてませんけど。

 先ほどの「原発などのリスクについて『安全です or 何にでもリスクがある』を都合よく使い分ける」という構図を、歴史責任や途上国の搾取といった問題に適用してみましょう。「責任はない or 誰しも他人を犠牲にして生きている。反省するなら総懺悔」……なんか聞いたことがある感じですよね?

 余談ですが。サンデル先生が出すトロッコ問題などのパズルというのは、まさに「リスクや責任の境界線の上で踊ること、境界線の近くで他人を突っつくこと」半ばそれ自体が目的となっているような何かではないでしょうか。私にはそう思えるのです。

これからの(原発と)バナナの話をしよう。

ツイッターから転載。

唐突だけど、バナナの話をしよう。まず、この図を簡単に見てほしい。人間が、自然界にあるもの含め、さまざまな放射性物質から浴びてる放射線の量を図示してくれる。とてもわかりやすくて啓蒙的だ。
http://dnaimg.com/2011/03/20/radiation-chart/radiation_jp.png

そして、この図を見ると、人間のなかにあるカリウムという元素が結構な量の放射線を出していることがわかる。そして、(健康マニアは知ってるかもしれないけど)バナナにはたくさんカリウムが含まれてる。なるほどなるほど。へー。

ところで、この図の左上に文章が書いてある。「携帯電話の送信チップは放射線を出さずガンの原因にもならない。 ※もちろん携帯電話型バナナはこの限りではない」……このジョークはいったい何だろう?

このジョークは何だろう。この図表が意図している啓蒙に役にたっているんだろうか? 知っているひとがいたら、ぜひ教えてほしい。そして、啓蒙に役立つかどうかは僕は知らないけど、知っていることがある。「じゃあ、このジョークを外すよ」と言ったら、この図の書き手はひどく抵抗するということだ。

このジョークは、いったい何だろう? ……ひょっとしたら、気の早いモンティ・パイソンファンの人たちは「バナナを持って襲ってくる暴漢」の話を考えてるところかもしれないね。うん、もちろんキミたちこそが僕がバッシングしたい連中だ。

もちろん、キミたちは自分たちが不謹慎であると思っていて、そして、あらゆるイデオロギーを笑い飛ばすつもりでいる。ここで考えるべきは、まさにそのジョークとその形式こそがイデオロギーの核ではないかということだ。この図全体が、実はこのジョークに支えられているんだ。

こういったジョークの形をとったイデオロギーは、実のところ自覚するのが大変に難しいようだ。ただ、でも、考えてみてほしい。モンティ・パイソンが最初に放映されてから何年になる? あと、なんて言ったっけ、ゆうきまさみの写真部マンガが出版されてから何年経った?